2018 アジア・オセアニア

選手選考について


出場選手発表について


5/12~13に開催の チャレンジカップ京都 も選考対象大会となっております。

ただいま選考中です。発表までもうしばらくお待ちください。



出場人数について

 日本は1クラス3人まで出場可。(他国は2名)

 ※ ただし、他国でも、団体戦のために3人選手を出せる。

   この場合3番目の団体戦出場のための選手は表彰対象外。



選手選考について


● 標準記録の設定はナシ

  ただし、平成30年度強化指定選手ではない選手の場合は、IPCエントリーフィーおよび、交通費・宿泊費は自費での参加となります。

  平成30年度強化指定選手は< こちら


● 下記条件に当てはまり、かつ、ランキング上位3名を選考する。

 ① 健康診断で問題がない選手
   (ジョクソウのある選手は、アジア選手権までに治癒が見込まれない場合は、
   選考から外すことになりますので、常時合宿等を利用してドクターの診察を
   受けてください。)

 ② 使用薬物の中に禁止薬物が無いこと。
   ただし、止むを得ず使う場合は、5月11日までに、TUE取得を完了していること。
   (グリセリンは本年1月1日より使用可能となりました。)

 ③  2018年IPC登録を完了していること。

    ※2017.12.31付 で IPC登録用紙未提出の方は、登録が完了していません。登録用紙をお送りください。

 ④  2018年JPPF登録を完了していること。 登録は< こちら >から

 ⑤ クラス分け未完の方は、アジア選手権開催時に受けてください。(9/6~7 予定)

    再クラス分けの方は、追って、クラス分けを行う競技会を連絡します。



ランキングについて


【 アジア・オセアニア オープン選手権ランキング 】は、以下3つの大会で記録を残した者がランクイン。

 → ① 2017年12月開催 メキシコ世界大会

 → ② 2017年12月17日開催 全日本選手権

 → ③ 2018年5月12日~13日開催予定 チャレンジカップ京都



PDF→  アジア選考ランキング.pdf