選手紹介

大堂 秀樹

オオドウ ヒデキ
強化A
88Kg級

プロフィール

■プロフィール

大堂秀樹(SMBC日興証券株式会社)

1974年、10月17日 愛知県名古屋市生まれ。

18歳でバイク事故により脊髄を損傷し車イスユーザーとなった。

北京2008パラリンピック以来、3大会連続で出場&入賞している。

試合が大好き。パラ・パワーリフティングの魅力は「強くてなんぼ」

自慢は、20年以上の競技人生の中、大会で失格したことが一度もないこと。


※ 日本のエースである大堂選手については、すでにたくさんの記事や番組となっている。雑誌社による詳細 インタビュー記事 もぜひ。



■深堀パワリフ選手紹介 2020


2020年12月オンラインインタビュー実施

(インタビュー詳細はこちら:深堀り!大堂秀樹選手.pdf


会心の一撃!思い出の試合 

1997年からパラ・パワーリフティングを始めた。長い競技歴の中でも一番に思い出すのは初出場の、北京2008パラリンピック。(大会結果→ 8位入賞、記録187.5㌔)


試合の何か月も前から第3試技にすべてをかけている

狙い通りの記録を試合で出せるものなのか?

2019年7月READY STEADY TOKYO-パワーリフティング 撮影:西岡浩記


ルーティン誕生秘話 

「呼吸が大切」