強化指定選手

強化指定選手




競技力向上事業





■強化指定選手の選出方法


FTEM2024年版---2024.03.25更新


↓クリックして拡大






■強化指定選手


2024年度(2024.4.1~2025.3.31)--- 2024.5.20 更新

 ※FTEMの T3 レベル以上を強化指定選手とする。

 ※2023.4.1~2023.12.10(第24回全日本選手権)までの各選手のベスト記録から選考

 ※ランクアップのチャンスは、第7回チャレンジカップ京都、ジョージアワールドカップ、パリ・パラリンピック、第25回全日本選手権。


 

強化指定選手の義務

 ①連盟の行動規範、競技者資格規定の遵守

 ②メディカルチェックを受ける、使用薬物提出義務

 ③合宿、国際大会に真摯に参加する

 ④義務違反は強化指定から外れる。


 T3レベル :パラ標準の5%増の記録を出した者

(期待されること)公式戦に出場し、力と技術を磨く。日本のトップを目指す。ワールドカップに参加する。


・中村光 (日本BS放送株式会社)

・桐生寛子

・龍川崇子(EY Japan)

・森﨑可林

・加藤尊士(豊田市役所)

・奥山一輝(サイデン化学株式会社)

・宇城元 (順天堂大学)

・日野雄貴(RECON GYM)

・佐藤和人



 T4レベル :パラ標準の15%増を突破した者

(期待されること)公式戦に出場し、力と技術を磨く。日本タイトルを獲得し世界選手権に参加する。


・成毛美和(APRESIA Systems 株式会社)

・田中秩加香

・藤平拓哉(EY Japan)

・田中翔悟(三菱重工高砂製作所)

・戸田雄也

・大堂秀樹(SMBC日興証券株式会社)

・三浦浩 (株式会社東京ビッグサイト)



 E1レベル :パラ標準の25%増の記録を出した者。

(期待されること)シニア代表としての自覚。世界の強豪を知る。パラリンピックパスウェイ大会に参加する


・西崎哲男(株式会社乃村工藝社)

・市川満典(株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン)

・光瀬智洋(株式会社エグゼクティブプロテクション)

・樋口健太郎(株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン)



▼以下は該当選手なし

 E2レベル :世界選手権で8位以内かつパラ標準の35%増の記録を出した者


 E3レベル :パラリンピックや世界選手権でメダルを取った者


 M レベル :パラリンピックや世界選手権で連続してメダルを獲得した者



2024FTEM表(2024.5.20現在) ▽クリックして拡大


参考)標準記録(MQS)については 【こちら】

 




【強化プロジェクト2024】

  2024年度は以下の2つのプロジェクトを実施。




① 次世代プロジェクト 


競技力向上事業


◎プロジェクトの目的

 全日本での活躍を目指し、競技力の向上を図る。


◎プロジェクト選考基準

 ① JPPF、FTEMランクT2以下で次世代に向けて有望であること

 ② 2024年4月1日現在満36歳以下をめどとする。

 ③ 成長グラフ曲線が上向いていること。

 ④ 下記 a) ~ c) 3つの約束が守れる者を選考する

  a) 連盟プログラムを実施すること。(プログラムのPDCAサイクルを回し普遍的な初心者から中級者までのJPPFプログラムの開発をするため。)

  b) 強化状況がわかるよう、日常練習会に参加するか、動画を週に1度は送ること。

  c) 指定行事に参加すること(対面出席率が80%以上であること)


◎指定行事 (行事についてはコチラを参照)

・5/18~19    第7回チャレンジカップ京都

・7/13           京都合同練習会

・9/28           京都合同練習会

・11/15~17 山梨合宿(11/17:体脂肪測定、2023年との変化確認)

・12/15         愛知記録会(検量は12/14予定)

※ チャレンジカップで現段階の記録測定。愛知記録会までに3%~5%以上の記録アップを図る。


◎プロジェクトメンバー

 斉藤耕、柳原愛、八木明歩、渡邉和幸






② 国際レベル育成プロジェクト


スポーツ振興くじ助成事業


◎事業の目的

2028年を見据え、競技力の向上を図る。ロスパラリンピック参加の可能性のある選手を新たに育成する。


◎プロジェクト選考基準

① JPPF FTEMランクT3、T4で、パリパラリンピック最終選考に残れなかった選手から選考する。

② 2024年4月1日現在満40歳以下をめどとして選考する。

③ 成長グラフ曲線が上向いている者を選考する

④ 令和5年度、パリパスウェイ日本ランキングが少なくとも2位以上の者を選考する。

⑤ 下記 a) ~ c) 3つの約束が守れる者を選考する

 a) 連盟プログラムを実施すること。(プログラムのPDCAサイクルを回し普遍的な初心者から中級者までのJPPFプログラムの開発をするため。

 b) 強化状況がわかるよう、日常練習会に参加するか、動画を週に1度は送ること。

 c) 指定行事に参加すること(対面出席率が80%以上であること)


◎指定行事

・5/31~6/2 神奈川合宿

・7/18~21  NTC合宿

・9/28    京都合同強化練習会

・10/26    京都合同強化練習会

・11/30    京都合同強化練習会

・1/25    京都合同強化練習会

 ※行事についてはコチラを参照


◎プロジェクトメンバー

 藤平拓弥、奥山一輝、日野雄貴、中村光、門谷悟、見﨑真未



◎その他

・今プロジェクトメンバーかつ、強化指定選手である場合は、強化指定選手対象の合宿にも参加可能。

ただし、強化指定選手対象の合宿に参加する場合は、FTEMランクでの助成率とする。










コーチシステム:パリ2024でメダル争い、ロス2028でメダル獲得を目指す





資料)2023年度 強化FTEM図(2023.12.27更新).pdf

資料)2022年度強化指定選手選考方法について.pdf (2022.2.17)

資料)2022年度強化指定およびプロジェクト選手.pdf 参加選手の声

資料)2021年度強化指定選手.pdf