選手紹介

中辻 克仁

ナカツジ カツヒト
強化B
107Kg級

プロフィール

■プロフィール

19691年11月23日 大阪府生まれ。大阪府在住

19歳の時に自動車事故で右脚の膝上すぐのところで切断し、義足に。

2019年、トレーニング歴19年、49歳で初めて200Kgを挙げ公式記録、日本人初の200Kgリフターとなった。

現在107Kg級で202Kgの日本記録を持つ。

チャームポイントは顎の先端の白髭。サインに描くイラストにもちゃんとお髭がある。

2020年10月京都合宿にて



▼ パラパワーリフティングとの出会いなど、中辻選手インタビュー記事

日本パラリンピック委員会HP

パラスポーツ最高峰を目指す姿を追いかける最前線レポート“ Next Stage ”

2020年11月9日 「コーチとの出会い、ポジティブ思考が成長を後押してくれた」


■素晴らしい集中力と気合

 

2019年7月ヌルスルタン世界選手権(撮影:西岡浩記)


中辻選手といえば、試合会場でこのような素晴らしい集中力と気合が有名ではないだろうか。

「集中するための鍛錬は日々やっている。

 日々というのはトレーニングだけでなく生活も含み、集中に入るためのスイッチを鍛えている。

 仕事でも、メリハリをつけるよう意識し、だらだらしないように気を付けている。

 もちろん普段のトレーニングでも、強化合宿でも、1発1発、集中を心掛けている。

 トレーニングでは毎回の集中を省み、最善の集中を探求している。

 この探求はどこまで求めても終わりがなく、ここが面白いところ。

 しっかり集中できると、とても気持ちが良い。」(2020年10月NTC合宿にて)


 2019年4月第2回チャレンジカップ京都大会のアップ場で(撮影:西岡浩記)