ニュース

Manchester 2021 Para Powerlifting World Cup ~ 日本代表選手 選考結果

2021.02.05
お知らせ

Manchester 2021 Para Powerlifting World Cup


■マンチェスター大会日本代表選手選考結果


第21回全日本パラ・パワーリフティング国際招待選手権大会を終えて、

マンチェスターワールドカップ選手選考基準に則り、

日本代表選手選考委員会から、日本選手団を次の通り決定した、と、発表がありました。


団長(兼コーチ)  吉田進

ヘッドコーチ   ジョン・エイモス

トレーナー    土居優太

総務       吉田寿子


女子選手

50kg級                中嶋明子

55kg級                山本恵理(日本財団パラリンピックサポートセンター)

67kg級                森崎可林

以上3名


男子選手

49kg級                西崎哲男(株式会社乃村工藝社)

49kg級                三浦浩(株式会社東京ビッグサイト)

54kg級              市川満典(株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン)

59kg級              戸田雄也(北海道庁)

59kg級              光瀬智洋(シーズアスリート(株式会社アソウ・アルファ))

65kg級              奥山一輝(サイデン化学株式会社)

72kg級              樋口健太郎

107kg級            中辻克仁

以上8名


■徳永選考委員(連盟ドクター)のコメント

褥瘡のあるものは、特に感染症に弱いので、連れて行かない。3/12~14の京都合宿で褥瘡検査の上、最終的に派遣する。または、かかりつけの医師に褥瘡検査をしていただき、結果を事務局に送付ください。障害特性で褥瘡のない方は、検査不要です。 

緊急事態宣言の行方によって、政府が参加を禁止した場合は、マンチェスターには不参加となります。政府、スポーツ庁の通達にご注意ください。

選考に不服のある場合は、2月7日(日)までに、連盟事務局までお申し出ください。2月8日(月)、最終決定とさせていただきます。