ニュース

【第3回チャレンジカップ京都】参加申込受付開始

2020.07.30
大会


第3回チャレンジカップ京都大会について、開催要項の発表と、選手の参加申込受付を開始しました。

詳細については 【 大会ページ 】 をご覧ください。 < こちら >



 【 開催要項.pdf 】 をご確認の上、お申込みください

 大会申込はこちらから  ※ 締切 8/15(土)AM10:00 厳守

指定ホテル情報.pdf

◆ 【 京都NTCガイドライン.pdf 】 に準じ、感染症対策に考慮し実施に努めます。


<今大会の特別措置>

 ●新型コロナウィルス感染防止の為、無観客で実施。

 ●個人コーチの選手帯同は不可。(連盟公認コーチのみ)

 ●選手、スタッフ、役員含め、参加者は全員、新型コロナウィルス感染防止

  予防研修会の受講が必須。(WEB研修会)

 ●大会の模様は、WEBにてライブ配信。

 ●大会会場に入れるのは選手、大会運営スタッフのみ。

 ●セッションごとの入れ替え制。1セッションに6名ずつ

 ●大会に向けて仕上げたパワーの発表の場を確保するため、

  今後の状況により大会が中止になるなど、参加申込をしたにもかかわらず

  実施・または参加ができなくなった場合は、オンライン競技会などの代替案を予定。

 ●大会2週間前9/19(土)から毎日体調管理表(参加申し込み後個別に案内)を記入し、

  大会当日、受付時に持参のこと。

 ●試合ではマウスシールド着用必須。

 ● 宿泊時や移動時、また試合前のアップや検量などではマスク着用必須。

====================

< 第3回チャレンジカップ開催について >

吉田進 JPPF理事長


今年で第3回目を迎えるチャレンジカップ。

今までは誰でもが参加できつつも国際連盟から公認を受けた大会として、

新人には登竜門、ベテランには世界ランキング入り、あるいはランキングアップの意味が有った大会です。

今年はコロナの蔓延が収まりきらない中での開催となりますので、

大会開催の意味を改めてここに確認さていただきます。


大会コンセプト  「ダブルチャレンジ・・・選手も、連盟もチャレンジ!」


✔ チャレンジ1(選手として)

・コロナ自粛で練習環境悪化の中で選手たちは自己をどこまで高められたかのチャレンジ

・国際大会が公認する大会であり、ここで出した記録は国際連盟に登録される


✔ チャレンジ2(連盟として)

・コロナ対策続行環境の中で、いかに安全で快適な試合運営が出来るかのチャレンジ

・無観客大会とし、WEB配信に注力し、WEBでしか表現できない演出にチャレンジ


例年とは違う運営が多々出てくると思いますが、以上をご理解の上、奮ってご参加ください。